借り換え時の条件は?

住宅ローン返済を少しでも有利にしたい、返済額を減らしてみたいという方の中でも、住宅ローンを借り換える方法を検討してみたいと感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

住宅ローンを乗り換えるパターンは、様々あります。公的から民間、同一の民間金融機関での借り換え、民間金融機関の変更などが挙げられます。

もちろん、住宅ローンを借りている方は、どのようなパターンでも借り換えることが出来ますが、それにはいくつかの条件があります。

例えば、①ローン残高が1000万円以上ある、②現在借りているローンと比較し金利が1%以上低い、③返済期間が10年以上あることが条件の目安になります。

これらの条件をクリアした上で、検討すべきことは、住宅ローン借り換えには費用がかかるということです。具体的には、借り換え時に支払う手続き費用や、住宅ローンを乗り換える際の金利差に気をつけると良いでしょう。場合によっては、総返済額が大きくなってしまう場合があります。

また、見直すタイミングとしては、返済期間中に銀行の金利が下がって来ている時期が良いでしょう。金利が下がった分、契約時点での金利よりも、低い金利で返済することになりますので、総返済額が小さくなる可能性があるからです。

まずは、自分が借りている銀行と住宅ローンをもう一度確認した上で、他行の住宅ローン金利のシミュレーション結果を比較してみましょう。もちろん、前述した条件をクリアしているかどうか確認することを忘れないで下さいね。

お役立ち情報一覧