泉州銀行

泉州銀行住宅ローンでは変動金利、固定金利ともに年1.2%を店頭金利から差し引いています。その為変動金利で1.275%、固定金利10年で3.05%となっています。変動金利を固定金利に変更することも可能で金利種別を変更しても1.2%マイナスは変わりなく引き継がれます。

融資金額は最高95%で新築、中古ともに適用され、最長35年の借入も新築、中古物件同様に利用することが可能です。

小さな中古物件でも利用することが可能で、金利優遇措置も同様に適用されるので様々な物件に対応することができるのはメリットと言えますよね。

利用範囲が広く、泉州銀行住宅ローンは多くの人から注目されているのです。各種の諸費用はかかりますが、他の銀行や大手メガバンクでは難しい物件なども、一度泉州銀行住宅ローンで相談してみるとよいでしょう。

住宅ローンの融資額も30万円から1億円以内と幅があり、金利選択型住宅ローンでは契約社員、パート社員でも利用できるプランを用意しています。収入合算者がパート社員でも利用出来る点は大きな魅力だと言えるでしょう。

また住宅ローン控除を最大限活用できるペアローンもあるので窓口で一度相談してみてはどうでしょうか。

金利は一般的でも、借入が可能かどうか住宅ローンの場合は審査の通過が第一関門です。泉州銀行はかなり幅広く対応している大阪の地方銀行です。金利優遇のある今のチャンスに申し込み、利用しておくとよいと言えるオススメの住宅ローンです。

お役立ち情報一覧