新生銀行

新生銀行は資産運用、預金金利などで強い銀行として有名です。そんな新生銀行住宅ローンの内容は「10年間特約つき変動金利」や「当初固定」「長期固定」「変動金利」から金利タイプを選ぶことが可能です。

10年間特約つき変動金利は電話だけでいつでも固定金利に変更できるといったメリットがあり、長期固定金利は変動金利よりも高くなるかわりに金利上昇のリスクを抑えることができるようになっています。

さらに金利内容をミックスすることも可能で、有利な金利で住宅ローンを利用できるようになっています。単純に金利だけを比較しても、他の銀行に比べると新生銀行住宅ローンはかなり優遇された利率です。

2009年12月で変動金利が1.2%、長期固定30年で2.95%となっています。長い期間の返済となる住宅ローンですから、月々の返済額は抑えたいものです。その為にも、有利な金利で利用したい。そんな要望を踏まえた商品内容だと言えるでしょう。

その他、保証料が無料、繰上返済も1円から無料で返済することが出来るので初期費用や手数料の心配をする必要が無いと言えるでしょう。

また、新生銀行住宅ローンでは繰上返済を行った分、再度借入することが可能な生活貸越サービス「Power Pocket」があるので、万が一、突然生活資金が必要になった場合などにも対応できるようになっています。

ただし、長期固定金利タイプではこのサービスは利用できませんので注意して金利を選ぶようにしましょう。

お役立ち情報一覧