頭金は何%?

新築マンションや一戸建てを購入する際、住宅ローンを組んで購入する方が大半かと思います。実際に、住宅ローンを組む際、最初に悩むのが頭金をどの程度用意すれば良いか?ということではないでしょうか。

自己資金や家具の購入費用等と兼ね合いものもありますので、自己資金の内、どの位を頭金に廻せば良いか、悩みますよね。

そこで、一般的な相場を見てみると、物件購入価格の20%を頭金にするのが相場のようです。

もちろん、購入者の方それぞれで、資金事情が異なりますので、一概に20%を用意しなければならない、という訳ではありませんので、ご安心下さい。住宅ローンの「フラット35」を利用すれば、ローンの上限が購入価額の90%以内と決まっています。

そのため、物件価格の10%を頭金に設定すれば問題ありません。例えば、3000万円の物件なら、300万円の頭金を準備すれば良いということです。これなら、自己資金が低い方、或いは当面の生活資金を心配される方からすると、安心出来る金額かと思います。

また、新築の物件ではなく、中古物件の場合となりますと、物件購入価格の6%が相場と言われています。先程と同様に、3000万円の物件を例に取ると、頭金は180万円で済みます。

さらに、分譲住宅の場合は、物件購入価格の2~3%と、かなり相場が低いようです。このように、購入する物件の種類によって、頭金の相場というものがありますので、実際に物件購入を検討する際に、不動産屋さんや銀行と良く相談して、頭金を設定するようにしましょう。

お役立ち情報一覧